home
2
3
4
5
6
7
8
9
10








  1

  
 日本は、総人口の4人に1人が65歳以上という【超高齢社会】となり、老いてなお、自分自身で遣らなければならない寂しい時代となりました。 終活カウンセラーの役目は、【ご高齢者が人生の終焉を考えることを通して、自分を見つめ、今をより良く、自分らしく生きる】ためのお手伝いです。ご高齢者が不安に思っておられる事や相談内容を聴いて、的確に判断し、専門家に委ねるという重要な役割があります。 懸命に生きて来た人生だからこそ、「自分の大切な想いや、生きて来た証を後世に繋ぎ、愛する家族が困らないための準備をすること」は、とても大切なことであります。 小会は、その為の普及活動を行い、ご高齢者が安心で安全な社会生活ができるよう微力ながら努めて参りたいと存じます。何卒ご支援ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

                    代表理事 新 出 安 政